会社情報

沿革

1954 ・「鮭の燻製を東京で製造」を合言葉に、東京都江東区深川で創業。
1957 ・江東区永代に本社・営業所・工場を新設。
・新製品「紅鮭改良温燻」の開発に成功。
1958 ・多くの試作を重ね、従来の「燻製」のイメージを一新する北欧風のスモークサーモンを開発。量産体制に入る。
1963 ・原料の確保計画を実現するため、アラスカへ進出。
・三菱商事(株)の協力を得て、事業を拡張。
1968 ・急増する需要に対応するため、最新設備の整った総合食品工場を千葉県浦安市に新設。量産体制の充実を図る。
1978 ・燻製工場としては世界有数の規模を誇る、北海道・知内工場が完成。名実ともにスモークサーモンのトップブランドの地位を確立。
1981 ・歴史に培われた伝統と最新技術をそのままに、新たに三洋食品株式会社として千葉県浦安市に設立。
1982 ・大阪営業所(現関西営業所)を開設。
1983 ・全社的な品質管理の向上と、統一されたきめ細かなサービスをお届けするために、TQCとCISを導入。
1987 ・札幌営業所を開設。
1990 ・営業・物流の拠点を東京都江東区東雲に開設。
1991 ・福岡営業所を開設。
・鹿島工場を新設。
1994 ・東北営業所を開設。
1995 ・営業・物流の拠点を本社に集約化。
1998 ・業務改革による新情報システムが稼動。
2000 ・千葉県市川市に新社屋・工場が完成。本社機能、鹿島工場、加工・物流センターを統合・移転。営業力の集中
・強化を図るため、東北営業所を本社営業一部に、福岡営業所を関西営業所に統合。
2002 ・関西営業所を大阪府吹田市に移転。
2005 ・北海道・知内工場HACCP認証取得[スモークサーモン:FDA-HACCP(大日本水産会)]
2006 ・本社・塩浜工場HACCP認証取得[シーフードテリーヌ:FDA-HACCP(大日本水産会)]
2015 ・福岡駐在所・仙台駐在所を開設。